感じたことのない痛み

私は仕事でパソコンを使っています。
今やパソコン無しで仕事は出来ません。でもこのところ、目が疲れている感じがします。

年齢も40歳を過ぎたところですから、老化もあるのでしょうね。

 

頭痛も時々起きるのですが、毎度のことなので、薬を飲んで鎮めてしまいます。
でもこの間、急に目の奥がズキっとして、今までに感じたことのない痛みがありました。

 

なんだか目の奥の血管が、どうにかなってしまったのではないか!?と、一瞬焦ってしまったほどです。

 

目の酷使は避けられないのですが、その日は仕事も落ち着いていたので、パソコンは閉じて目を休めることにしました。

痛みの原因


目の奥の痛みは、その時が一番強かったように思います。
でもパソコンを使っていると、どうしても目の奥に違和感を感じます。

 

ゴロゴロとしたような感じであったり、なんとなく腫れぼったい感じだったりと、目が疲れているのが自分でもよく分かります。

 

眼精疲労だとは思いますが、原因を突き止めれば、対応も違うかなと調べてみる事にしました。
頭痛がなかなか治らないのも気になります。

 

目の奥に痛みを感じ、頭痛がある場合は様々な原因が想像できます。

 

まず眼精疲労やドライアイは、目の使い過ぎによる疲労や、涙の質と量が減ってしまうことで目に負担がかかります。
目の疲労などから、頭痛が併発しているケースも多くあります。

 

さらに深刻な物では、群発頭痛という病気です。
これによる痛みは猛烈で、耐え難い強い痛みと言われています。
原因は不明で、人によって発作の期間や頻度も違い、注射や投薬などによる治療が行われますが完治するまでにもまた個人差があります。

 

それ以外にも、緑内障や斜視、脳からくる病気やうつ病などでも目の奥の痛みと頭痛が起こります。

まずは目を休める事

私の場合は、群発頭痛ほどのひどい痛みではありませんし、症状からするとやはり眼精疲労かドライアイによるものだと思います。
とにかく一日しっかり、目を休める日を作ることにしました。

 

私の家族は夫のみで、子供はいません。
休日は予定が無ければ、テレビを見るかゲームをしています。
これも目に悪いですよね。
考えてみたら、仕事をしていなくても、なにかの画面に目が釘付けの状態なのですから。

出来るだけ遠くを見るのも目に良いと聞いたので、外出する日を増やしてみました。
リフレッシュにもなって良かったです。

 

あとは目を温めるのも良いそうです。
蒸しタオルをまぶたの上に乗せたり、お風呂でシャワーを直接あてるのも良いです。
湯飲み茶碗を二つ用意して熱湯を注ぎ、その蒸気をまぶたにあてるのも効果があります。

 

案外メガネやコンタクトの人は、度数が合ってない物を使い続ける事で目の負担になっている事もあるそうですよ。

目に必要な栄養を補う

目に良いとされる栄養素を積極的に摂ることで、目の働きを助けることが出来ます。

よく聞くのはブルーベリーやウナギなどが、目に良いと言いますよね。

 

私はもちろん料理はするのですが、夫婦二人ですし、あまり凝ったものは作りません。
正直言うと料理は苦手なんです。
共働きですから、主人もその辺りは寛大で助かっています。

 

手軽に栄養素を補うと言えば、サプリメントが思いつきます。

 

早速調べてみることにしました。
年齢も40歳を超えてますから、眼精疲労だけでなく老眼にも効果があるもので探してみました。

 

でもこういう作業も本当に疲れてしまって、また目がゴロゴロしてくる始末なんです。
あまり迷っていても仕方ないからと、成分的に納得出来そうな「めなり」というサプリを購入する事にしました。

 

最後は大分投げやりな感じで注文してしまいましたので、効果の方はあまり期待していなかったんですが、結果は意外でした。

 

飲み始めて1週間位で、目が軽い感じがして、一日パソコン仕事をしても違和感が起きなかったんです。
頭痛はまだ時々あるのですが、頭痛薬が手離せなかったのに、今はもう飲まずに過ごせます。
やっぱり目の疲れによる頭痛だったんですね。

 

このまま飲み続けて、老眼の症状も抑えられることを期待しています。